アメリカ

アメリカ国旗アメリカ
アメリカ合衆国は、本土の48州にアラスカ、ハワイの2州と首都ワシントンD.C.からなり、各州が自治権を持って、一つひとつが国家のように存在している。広大な国だけに、地域により町の雰囲気も異なり、山岳地域や砂漠から亜熱帯性の気候までさまざま。文化を発信する活気あふれる大都市と小さくても魅力的な町がたくさんあり、多様なものが混在する。
行く度に異なった表情を見せてくれ、ユニークでエキサイティングな旅の魅力を満喫できるアメリカは、「アメリカ」という言葉だけで表現しきれないほど奥深い国なのだ。

情報提供:地球の歩き方

気候

アメリカ本土の気候はフロリダ州南部の熱帯から五大湖周辺の亜寒帯までさまざま。訪れる場所によって観光のベストシーズンや適した服装も違ってくる。目的地の気候をしっかり理解してからアメリカに出発しよう。

【西海岸北部】(おもな都市:シアトル、ポートランド)

太平洋岸北部の主要都市であるシアトルやポートランドの緯度は北海道の札幌市よりも北にあるが、そのわりには寒くない。観光シーズンは気候が安定している夏で、北からやってくる海流の影響を受けて涼しく気持ちのいい陽気となる。秋~春にかけては雨や曇りが続き、雪がちらつくこともある。にわか雨対策に、フード付きジャンパーを着ている人も多い。

【西海岸南部】(おもな都市:ロスアンゼルス、サンフランシスコ)

カリフォルニア州の太平洋に近いエリアは温暖な気候が特徴。1、2月は比較的雨が降るが、1年をとおして大雨となることはほとんどない。カラッとした陽気が続き大気が乾燥しているため、日が暮れると急に気温が下がる。夜の寒さ対策のために羽織るものを用意しておこう。山に近いエリアは高温になる。夏は水分補給を忘れずに!

【西部の内陸】(おもな都市:ラスベガス、フェニックス)

夏はギラギラと太陽がまぶしく、日差しが強い。40℃を超える日が続き、かなりの暑さとなる。太陽の下にいるとものの30分で肌が焼けてしまうので、外を歩くなら帽子とサングラスに加え、日焼け止めが必要。車を運転する場合は、強烈な光の反射があるのでサングラスをお忘れなく。避寒地フェニックスは、冬になると観光客でにぎわうが、内陸のため日中は暖かくても夜は急激に冷え込む。高温で空気が乾燥しているので、こまめに水分補給をしよう。

【ロッキー山脈の東部】(おもな都市:デンバー)

ロッキー山脈から東は、「グレートプレーンズ」と呼ばれる大平原が広がり、大陸性の乾燥した気候で雨が少ない。カンザス州やオクラホマ州の4~6月はトルネード (竜巻) が多く発生する。警報が発令されたら近くのシェルターに避難すること。周辺に山や森があまりないため、大地が地平線まで見渡せ、空がとても高く広く感じられる地域だ。

【五大湖から北東部】(おもな都市:シカゴ、ミネアポリス)

大西洋 (ニューイングランド地方を含む) から五大湖周辺の地域は、内陸に向かうにつれて冬の寒さは厳しく、降雪量も増える。夏はおおむね30℃を下回るが蒸し暑い。冬と夏、朝晩との気温差が激しいのも特徴。

【中西部から東部】(おもな都市:セントルイス、ニューヨーク)

夏は蒸し暑く冬は寒い。年間の寒暖差が激しいのが特徴。特にニューヨークの夏は30℃を超え、春と秋がいちばん過ごしやすい。中西部は内陸に向かうほど乾燥している。雷雨、竜巻(ピークは4~6月)が発生しやすい地域でもあるので注意したい。

【南東部とフロリダ中・北部】(おもな都市:アトランタ、ニューオリンズ)

日本の本州と同じく四季がはっきりしている。特にアトランタやニューオリンズなどがある南部の夏は最高気温は35℃以上となり、日本よりも蒸し暑くジトッとした日が続く。夏~秋にかけてはハリケーンの襲来もあるので注意。冬は、カナダに近い五大湖周辺ほどではないが寒くなるので、コートや手袋などを用意しておきたい。

【フロリダ南部】(おもな都市:マイアミ、キーウエスト)

冬は暖かく気候が安定しているため、避寒地として人気が高い。雨期は5~10月で、短時間集中的に大雨が降る夕立 (スコール) に備えて折りたたみ傘やポンチョがあると便利。夏~秋はハリケーンが接近する。場合によっては上陸するので、天気予報のチェックを欠かさずに。夏は暑く、気象条件が安定しない代わりに宿泊費を安く抑えられるのが魅力。

情報提供:地球の歩き方

安全とトラブル

日本人の遭いやすい犯罪は、置引き、ひったくりなど。犯行は複数人で及ぶことが多く、ひとりが気を引いている隙に、グループのひとりが財布を抜いたり、カバンを奪ったりする。日本語で親しげに話しかけ、言葉巧みにお金をだまし取るケースも多い。日本から一歩でも出たら、「ここは日本ではない」という意識を常にもつことが大切。

≫ 大使館からの情報はこちら

≫ 外務省による海外安全情報はこちら

情報提供:地球の歩き方

通貨とチップ

通貨

通貨単位はドル ($) とセント (¢)。$1=106.23円 (2018年3月1日現在)
紙幣は1、5、10、20、50、100ドル。なお、50、100ドル札は、小さな店で扱わないこともあるので注意。硬貨は1、5、10、25、50、100セント (=$1) の6種類だが、50セント、1ドル硬貨はあまり流通していない。

チップ

レストラン、タクシー、ホテルの宿泊 (ベルマンやベッドメイキング) など、サービスを受けたときにチップを渡すのが慣習となっている。額は、特別なことを頼んだ場合や満足度によっても異なるが、以下の相場を参考にしよう。

【レストラン】合計金額の15~20%。サービス料が含まれている場合は、小銭程度をテーブルやトレイに残して席を立つ。

【タクシー】運賃の15%が目安 (最低でも$1)。

【ホテル宿泊】ベルマンは荷物の大きさや個数によって1個につき$2~3。荷物が多いときはやや多めに。ベッドメイキングは枕元などに$1~2。

情報提供:地球の歩き方

通貨

電圧と電源プラグ

電圧は120V。3つ穴プラグ。100V、2つ穴プラグの日本製品も使えるが、電圧数がわずかではあるが違うので注意が必要。特にドライヤーや各種充電器などを長時間使用すると過熱する場合もあるので、時間を区切って使うなどの配慮が必要。

情報提供:地球の歩き方

電圧と電源プラグ
正式国名 アメリカ合衆国 / United States of America
アメリカという名前は、イタリアの探検家でアメリカ大陸を確認したアメリゴ・ベスプッチのファーストネームから取ったもの。
国旗 Stars and Stripes
13本のストライプは1776年建国当時の州の数、50の星は現在の州の数を表す。
言語 主として英語だが、法律上の定めはない。スペイン語も広域にわたって使われている。
大使館 日本大使館 / Embassy of Japan
住所:2520Massachusetts Avenue N.W., Washington D.C.,20008-2869, U.S.A.
電話:(1-202)238-6700
Fax:(1-202)328-2187
在日アメリカ大使館 / Embassy of the United States of America in Japan
住所:〒107-8420 東京都港区赤坂1丁目10-5
電話:03-3224-5000

情報提供:地球の歩き方

アメリカ海外旅行保険
グローバルWiFiクーポン配布中

海外旅行の必需品。グローバルWiFiレンタルサービス。
世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制の海外用WiFiレンタルサービス。