中欧の国・はじめてのチェコ、女子一人旅!(1)

2年に1度はヨーロッパ旅行に行っている私が初めて女一人旅として選んだチェコが楽し過ぎた!ということでまとめてみました。行こうか迷ってる方の手助けになれば嬉しいです。楽しいよ!海外一人旅!!

中欧の国・はじめてのチェコ、女子一人旅!(1)

2年に1度はヨーロッパ旅行に行っている私が初めて女一人旅として選んだチェコが楽し過ぎた!ということでまとめてみました。行こうか迷ってる方の手助けになれば嬉しいです。楽しいよ!海外一人旅!!

更新日:2019/11/12

Hさん・女性

2年に1度はヨーロッパ旅行に行っている私が初めて女一人旅として選んだチェコが楽し過ぎた!
ということでまとめてみました。行こうか迷ってる方の手助けになれば嬉しいです。
基本、チェコといえばこれでしょ的な場所は勿論ですが、少しマイナーな場所にも行ってきました。
女性一人で海外?怖くない?寂しくない?(;´・ω・)
こんな意見が飛び交いそうですが、本人とても楽しんできたのでそれも伝われば良いな!楽しいよ!海外一人旅!!

スケジュール

期間2018年12月13日~2018年12月21日 (7泊9日)
移動プラハ⇒チェスキー・クルムロフ⇒プラハ (クトナーホラ)
目次

【1日目 プラハへ出発!】

チェコの通貨、チェココルナ (CZK)

まず成田空港で日本円をチェココルナ (CZK) に。ユーロじゃないんですよね、チェコ。
チェコ国内ではKčと表記されます。
チェココルナはチェコのみで使われる通貨で、日本で取り扱っている場所が少ないのが難点。
レートはかなり微妙なので最低限の現金を替えて現地ではクレジットカードが安心です。
どうしても現金が良いという場合は現地でキャッシュという方法もありますが、クレカ使えるお店ばかりなのであまり現金使わなかったです。
物価は日本より少しだけ安いかなぁくらいですがそんなに変わらない印象でした。
ただビールだけは激安だよ!100円もしない!ビール好きな人は最高!私はビール飲めないけど!!( ^ω^ )
コルナ貨幣は結構カラフル。

カラフルなコルナ貨幣

カラフルなコルナ貨幣

チェコへの出発!15時間!!

航空会社はアエロフロートロシア航空。いつもお世話になってます!(*'ω'*)
お財布に優しいのです。
昼の便で成田空港出発⇒モスクワ⇒プラハと移動時間は乗換えを含めて約15時間。
プラハに到着したのは21時半くらいでした。
空港でトラムや地下鉄の共通券が売っているのですが、キヨスクは閉まっていたのでチケット自動券売機で購入。
プラハで使えるトラムと地下鉄とバスが全部共通券!Suicaみたいな役割をしてくれます。
面白いのが印字をしてからスタートという仕組みなので、旅行中に使う券をまとめて買うことができるんです。

料金はこんな感じ (大人料金)↓

30分券24Kč
90分券32Kč
1日券110Kč
3日券310Kč

※2018年12月現在

私は3日券を1枚、1日券を2枚購入。
私が旅行中使ったチケット↓

プラハで使えるトラムと地下鉄とバスが全部共通券

プラハで使えるトラムと地下鉄とバスが全部共通券

しかも最初に券を印字したらその時間内は改札をスルーして良いんですよ!持ってるだけでOK!
これが思った以上に楽なのと時間ロスを防げる。私は色んなところを観光したいので助かりました (*´з`)
勿論、時間を把握していないとたまにチェックしている人から「券見せて?」と言われた時、時間を過ぎた券を持っていると罰金があるのでそこは注意が必要です!
実際、観光客の方で注意を受けて罰金という場面を何度か見かけています。
観光してると時間忘れちゃうけど、そこは気をつけて下さいね!折角の旅行が台無しになっちゃうのは勿体ない!(>_<)
早速、購入した3日券チケットを使って空港から出ているトラムでホテルに移動。
特に危険もなく、安全に行けました。
ホテルに到着してチェックインし、部屋に入るとこれ。

一人なのにツインベッド!

一人なのにツインベッド!

思ってたより豪華!(一人なのにツインベッド!)
移動で疲れたので感動もそこそこにお風呂へ入ってすぐ就寝。

【2日目 プラハ観光①】

少し時差ボケを体感しつつ朝6時に起床。
日本との時差は8時間...夜に寝てもさすがに時差ボケありますね (;'∀')
頭と身体を起こすために朝食ビュッフェを食べる。美味しい~!

美味しい朝食ビュッフェ

美味しい朝食ビュッフェ

今日の観光プランはこんな感じ。

  • プラハ城 (聖ヴィート大聖堂、旧王宮、聖イジー教会、黄金の小路、ダリボルカ塔)
  • ロレッタ協会
  • ストラホフ修道院

プラハ城

まずは有名なプラハ城へ向かいます!
トラムと地下鉄を活用しながら観光なのでそんなに歩かないかなと思いきや、めちゃくちゃ歩きました。笑
ホテルからトラムに乗ってプラハ城近くへ。ゴールがが見えない坂道&階段を登る。

ゴールがが見えない坂道&階段

ゴールがが見えない坂道&階段

ひたすら登る。

途中で像を発見

途中で像を発見

ギターらしきものを演奏してる像を横目に登る。

登りきると...

登ってきた甲斐のある景色

登ってきた甲斐のある景色

登ってきた甲斐のある景色

登ってきた甲斐のある景色

これぞヨーロッパと言わんばかりの景色。朝焼けと冬の澄んだ空気が気持ち良かったです。
屋根の色がオレンジに統一されていて、とても綺麗ですよね (*´ω`*)
しかし長い坂だった...多分これプラハ城の裏門?正門じゃなさそうなところでしたが、こんな景色も見られるのでおススメです。

いろいろな雰囲気の景色

いろいろな雰囲気の景色

哀愁漂う写真も撮れちゃう。

写真もそこそこに門で荷物検査を済ませて中へ!

いちいちオシャレな景色

いちいちオシャレな景色

進む道ですらオシャレに見えてしまう~。

まずは聖ヴィート大聖堂に到着!

聖ヴィート大聖堂

聖ヴィート大聖堂

聖ヴィート大聖堂

聖ヴィート大聖堂

カメラのフレームに入り切りません!おっきい!!もう外観から装飾が細かい!
大聖堂の大きさは、奥行124m、幅60m、高さは96.6mだそうです。
中に入ってすぐのところまでは無料で見れますが、じっくり見たいので私はチケットを購入しに行きます。

プラハ城チケット (一般料金) ↓

Aコース350Kč
聖ヴィート大聖堂、旧王宮、聖イジー教会、黄金の小路、ダリボルカ塔、国立歴史博物館、火薬塔、ローゼンベルク宮殿
Bコース250Kč
聖ヴィート大聖堂、旧王宮、聖イジー教会、黄金の小路、ダリボルカ塔

※2018年12月現在

この入場チケットですが2日間有効で、各入場箇所は1回のみ入場可能というゆっくり見たい人には嬉しい内容。
あと建物内で写真撮影したい場合は、別途50Kčの写真撮影ライセンス料が必要です。
ライセンスがない状態でカメラやスマホなどで撮影したら、凄い血相の見張りの方が走ってくるので気を付けて下さいね!

一日目はプラハ城だけの観光ではないので時間も限られてるということで、私はBコースのチケット + 写真撮影ライセンスを購入。

Bコースのチケット

Bコースのチケット

チケットを持って大聖堂へ!

中に入るとそこはエデン... ( ゚д゚) ひょえ~

聖ヴィート大聖堂の中はエデンだった...

聖ヴィート大聖堂の中はエデンだった...

聖ヴィート大聖堂の中はエデンだった...

聖ヴィート大聖堂の中はエデンだった...

聖ヴィート大聖堂の中はエデンだった...

聖ヴィート大聖堂の中はエデンだった...

カメラのシャッター押す指が止まらない!
ここで見たかった一つが「ミュシャのステンドグラス」です。

ミュシャのステンドグラス

ミュシャのステンドグラス

ミュシャのステンドグラス

ミュシャのステンドグラス

チェコを代表する画家、アルフォンス・ミュシャが制作したステンドグラスです。
大聖堂を入って左から3番目にあるので最初から大興奮。作品名は「聖キュリロスと聖メトディウス」
ミュシャ好きには時間を忘れてずっと見ていられるほど美しい作品ですね。

ミュシャのステンドグラス

ミュシャのステンドグラス

細部まで素晴らしい。

ステンドグラスを左手に見て歩いて行くと丁度折り返したところにあるのがこちら。

聖ネポムツキーの墓

聖ネポムツキーの墓

聖ネポムツキーの墓

聖ネポムツキーの墓

「聖ネポムツキーの墓」です。
聖ヤン・ネポムツキーと言えばチェコでは有名な司教さん。
このバロック様式のお墓、純銀で作られたそうなんですがなんとその量約2トン!
桁違いだなぁ (ポカーン...) と思いながらじっくり鑑賞。
そして大聖堂をぐるぐる。

素晴らしい作品と建築物

素晴らしい作品と建築物

素晴らしい作品と建築物

素晴らしい作品と建築物

素晴らしい作品と建築物

素晴らしい作品と建築物

右見ても左見ても「すごい!やばい!」と完全に日本語が迷子に。
いやはや、言葉も失う作品と建築物ばかりです。

聖ネポムツキー殉教の絵

聖ネポムツキー殉教の絵

「聖ネポムツキー殉教の絵」まで飾ってありました。どこを見てもうっとりしちゃいますね (*´ω`)
鑑賞してはカメラシャッター押して、また鑑賞してを繰り返す。
忙しい!楽しい!寒い!! (気温-1度)

大聖堂を堪能した後は、旧王宮へ移動。
入ってすぐ、「ヴラディスラフホール」です!

ヴラディスラフホール

ヴラディスラフホール

奥行62m、幅16m、高さ13mとホールにしては大きすぎでは...?と調べたところ、当時ではヨーロッパ最大のホールだったそうです。
戴冠式や騎馬競技が行われていたそうですが、確かにこんな広かったら可能ですね。

プラハ城全体模型

プラハ城全体模型

プラハ城全体模型があったんですがクリスタル~!模型で見てもプラハ城敷地の広さが分かります。

旧王宮で有名なのがこちら。

三十年戦争

三十年戦争

世界史で一度は目にしたであろう、三十年戦争!
ヨーロッパ最大の宗教戦争ともいえる三十年戦争が始まった場所がここに~!
三十年戦争はプラハ窓外放擲事件から始まったのですが、その場所に今~~!私いる~~!すごーーーい!!!キャッキャ!!!
その窓を撮影しようとしたんですが、人がわんさかいたので諦めました。(;^ω^)
たくさんの人の中を忍者のように避けながら「議会の間」へ。

議会の間

議会の間

ハプスブルク家の肖像画

ハプスブルク家の肖像画

ここにハプスブルク家の肖像画が飾られていました!
こういう肖像画の額縁って本当、大きいですよねぇ。金ピカ!ゴージャス感!
そしてこの展示物、見て下さい。

フル3点セットで展示

フル3点セットで展示

フル3点セットじゃん...と思わず口に出してしまいました。(´-ω-`)
歴史も勿論ですが、こういうのを見るとダンジョンクリアしたら出てくる宝箱に入ってるやつじゃん...これ持ってボス行くやつじゃん...という考えになるのは私だけではないはず。

どこ見てもピカピカしていたのですが、ふと視線を下に向けるとドアや棚の取っ手が可愛い。和む。恐らく鳥。

可愛い取っ手

可愛い取っ手

階段で2階に上がることもできたので、行ってみました。

新国事録の間

新国事録の間

印象的な紋章

印象的な紋章

紋章が天井や壁に描かれた「新国事録の間」です。
さまざまな公文書が保管されていた部屋だそうで、窓が小さく外からの光があまり部屋に入らない造りになっているのか結構暗かったです。
紋章がとても印象的な場所でした。

旧王宮を出て、次に向かうは聖イジー教会

≫【2日目 プラハ観光(2)】 に続く(後日公開予定)

あなたも旅日記を投稿しませんか?

楽しかった海外旅行。あなたの旅日記をみんなにシェアしませんか。写真と文章をご提供いただければTripFeverスタッフが記事を作成します。

≫海外旅行クチコミ投稿についてくわしくはコチラ

グローバルWiFiクーポン配布中
グローバルWiFiクーポン配布中
世界のお土産ネットショップ
世界のお土産ネットショップ
海外空港送迎サービス
海外空港送迎サービス

注目記事

  • ポケットチェンジ
    ポケットチェンジ

    海外旅行で余っている外貨を国内で使える電子マネーやギフト券に交換できる「ポケットチェンジ」をご紹介。WeChatPayチャージにも!

海外旅行レンタル

空港送迎サービス