家族で年末ハワイ・ビーチ三昧の旅

以前から家族で行きたいと思っていたハワイ。予算のこともあって予約をためらっていたけれど、もう10月末。年末の大型連休が迫ってきていました。早く決めなきゃ!と 勢いに任せて航空券を購入したのは、11月に入ってからでした。

家族で年末ハワイ・ビーチ三昧の旅

以前から家族で行きたいと思っていたハワイ。予算のこともあって予約をためらっていたけれど、もう10月末。年末の大型連休が迫ってきていました。早く決めなきゃ!と 勢いに任せて航空券を購入したのは、11月に入ってからでした。

更新日:2019/5/21

Eさん・女性

シドニーと日本からハワイで待ち合わせ

シドニー在住の私たち。夫と、3歳と1歳の子どもを連れての旅行になるため、宿泊先はキッチン付きのお部屋に絞って検索。Airbnbで探してみるも、ワイキキ周辺のお手頃な物件はすでに予約が入っていて選べないような印象で、準備にとりかかるのが遅かったかもしれません。しかし、諦めずにインターネットで様々なサイトをチェックし、最終的に決めたのはオハナ・ワイキキ・イースト・アウトリガー。ワイキキビーチ近くで、キッチン付きのコストパフォーマンスが悪くないお部屋は、もうあまり残ってなかったので、急いで予約しました。
ちなみに、なんと!日本に住む両親も現地で合流することになり、同じ日に現地到着する飛行機と、同じホテルの別室を手配しました。ホノルル空港で待ち合わせです。

スケジュール

期間2018/12/24~2018/12/30
目的地オハナ・ワイキキ・イースト・アウトリガー
人数6名 / 私、夫、息子(3歳)、娘(1歳) & 父、母(現地合流)

この旅行では まだ小さい子どものペースになるべく合わせて行動するつもりでいたので、予定は詰め込みませんでした。 出発―――!!!

【1日目】12月24日 シドニーからホノルルへ

夕方発の飛行機だったため、当日の朝はのんびり。必要なものはだいたいまとめてはいたものの、子どもがいると荷造りが進まない...夫に子どもたちを外に連れ出してもらった隙に、ぱぱっと済ませることに。
家からそんなに遠くない空港へは、市バスで行くことにしました。荷物は4人分で大きなスーツケース1つ、機内持ち込み用には小さなスーツケースとリュックを各一つ。リュックには子どものおやつや着替え、少しのおもちゃを用意。あとは、コンパクトタイプのベビーカーに娘を乗せて、徒歩でバス停→バス→空港へ到着。

機内では、子供連れには何かと便利な一番後ろの席を指定。1歳の娘には、抱っこひもで寝てもらおうかと思っていたのですが、乗務員の方から斜め後ろの窓側2席も使ってよいとのオファーをいただきました。嬉しかったですね。助かりました。大感謝です!!

機内でゆったりと過ごせたおかげで、子どもが泣き出して他の乗客に迷惑を掛けたらどうしよう、寝なかったら...などの心配は無用でした。

別行動のためにWi-Fiはレンタルで

別行動の際や、外出先での使用のために2台レンタル。私たちの行動範囲内では電波は良かったです。空港ピックアップ&返却で便利!!
ホテルにフリーWi-Fiがありましたが、慣れない土地では外出時にもネット環境にいられるのは安心です。

【2日目】ハワイ12月24日 ホノルル到着

早朝、空港の外は薄暗くて景色はぼやけているけれど、海の近くのにおいがした。ああ~、来たんだ私。ハワイにいるんだ!!
入国手続きや荷物の受け取りを済ませた後、事前に予約していたポケットWi-Fiを受け取り、ホノルル空港出口付近に戻った。

あれ!?いたいた!もう着いてる!!

そう、私の父と母。14か月ぶりの再会でした。最後に会ったときは、まさか次はハワイで会うことになるなんて思ってもみなかったよね。長時間のフライトの後でも、あまり疲れた様子ではなく元気そうで安心。息子は、突然のおじいちゃんとおばあちゃんの登場に、少し照れた様子。

無事、再会を果たせたのでホテルへ移動。空港からワイキキ周辺へのホテルへは、ロバーツハワイのシャトルバスを利用。以下から予約できます。

≫ 【直前予約OK】ダニエル・K・イノウエ国際空港ーホテル間の格安送迎シャトルサービス ロバーツハワイ

ホテルからワイキキビーチまで徒歩3分

ホテルからワイキキビーチまで徒歩3分!

ホテルに着いたのはお昼前。チェックインの時間はまだでしたが、準備ができているとのことで、到着後すぐにお部屋に入れてくれました。
両親は5階、私たち4人は3階のキッチン付きのお部屋へ。それぞれ荷物を置いたら、さぁ、近辺散策でもしますか。

まずはお昼ご飯をどこで食べようか。みんなお腹がペコペコ。何も予定を立ててなかった私たちは、とりあえずワイキキビーチへ出掛けることに。ふぅ~、蒸し暑いこと!!
事前にチェックしていた気候よりもかなり暑く感じました。

今日は水着をお部屋に置いてきてしまったから、明日また泳ぎに来よう。
昼食に、ロコモコとポケボウルを食べた。ポケボウルとは、ご飯の上に角切りマグロの刺身とサラダがのったものに、お醤油がかかったローカルフード。
帰りは近くのスーパーマーケットでビールと食材を買って、夕食はお部屋で済ませました。

冬のハワイの服装は??

常夏のハワイでも、12月は1年の中で一番気温が低い時期。カーディガンやパーカーなどの羽織るものを用意、実際に常に持ち歩いていました。

【3日目】ハワイ 12月25日 ワイキキビーチとディナークルーズ

今日も快晴... とは言えないけれど、まずまずのお天気。
朝はゆっくりとお部屋で朝食をとった後、ビーチへ出掛ける。子どもでも歩いて行ける距離にビーチがあるというのは本当に素晴らしい!
ワイキキビーチは波も穏やかなので、安心して子どもたちと遊べました。

午前中にひと泳ぎした後、クヒオ通りとカネカポレイ通りの交差点にある屋台村で 昼食をとる。種類も豊富で値段もお手頃、お腹いっぱいになります。メインのお魚かお肉、ライスとサラダが付いて、$15〜$20くらい。
ここの、蘭の花で飾ってある丸ごとパイナップルに入った、パイナップルジュースが人気のようでした。

お腹も心も満たされたらホテルに帰って、今夜のディナークルーズに備えて其々のお部屋で休憩。

スターオブホノルル号に乗船。フラダンスでお出迎え

乗船するところ。フラダンスでお出迎え

ディナークルーズ STAR OF HONOLULU(スターオブホノルル号)

今回のハワイ滞在で、一番楽しみにしていたスターオブホノルル号!!
実は、日本出発前に父と母が手配してくれていました。
夕方のバスでのお迎えは、シェラトン・プリンセス・カイウラニホテルに4時。部屋でお昼寝をしなかった3歳児は、バスでやっとおやすみ。いろんなホテルをまわりながらアロハタワーのある港へ到着。ここから出航――。

波も穏やか~。

夕方、少し涼しくなってきました。潮風が気持ち良かったなぁ。

大きなお船に乗れることが、息子はすごく嬉しそう。

スターオブホノルル号、サラダにはパンジーのお花

サラダにはパンジーのお花

予約時に選んだのは、3スターのロブスター丸ごと一匹&テンダーロインステーキのコースにドリンク2杯付き。ロブスターが食べられない夫と子どもには、お魚と鶏肉に替えてもらいました。私たちが案内された席は、ステージ目の前の真ん中で、1歳の娘にはベビーチェアも用意してくれていました。

スターターとして、スパークリングワイン... ではなくて、アップルサイダーを一杯ずつ。
スタッフがコースに付いてくるドリンクの注文を各テーブルに聞きに来てくれます。

チーズやクラッカー、果物は、入口の前に用意されているので、好きなだけお皿に盛っていただけました。

スターオブホノルル号、女性には耳に蘭の花を付けてくれます

女性には耳に蘭の花を付けてくれます

食事を楽しみながら、海の向こうにワイキキ、ダイヤモンドヘッドが望める。夕日はもちろん、ワイキキの夜景もたっぷり堪能できました。子どもと一緒にデッキに出たり、船内を散策したのも良い思い出です。

スターオブホノルル、最上階の5スターコースはドレスコードあり。雰囲気がとってもフォーマルで、どちらかというとカップル向けな印象でしたが、私たちが選んだ3スターコースには小さなお子さま連れのご家族も多数で、和やかな雰囲気でした。

スターオブホノルル号、こちらがメインのロブスター

こちらがメインのロブスター

ででーんと、お皿に丸ごと一匹!!美味しくてお酒もすすむ。

スターオブホノルル号、ポリネシアンダンスは迫力満点!!

ポリネシアンダンスは迫力満点!!

ハワイアンダンスだけでなく、ポリネシアの様々な島のダンスを見せてくれます。女性の動きはとってもしなやかで、男性はすごく力強い。
ポリネシアって、南はニュージーランド、東はイースターアイランドまで含まれているんですね!そんなに広範囲だったなんて、知りませんでした。

あぁ~、楽しかったし満腹。ロブスターの後に、ステーキとデザートも平らげました。お料理はどれも評判通り美味しかった。
大・大・大満足のディナークルーズです。また乗りたいなぁ~。子どもがもう少し大きくなったらまた来て乗りますよ!

名称サンセット・ディナークルーズ スターオブホノルル号
概要ハワイ人気No.1を誇るスターオブホノルル号のサンセットディナークルーズ。カニやロブスター&ステーキ、豪華7コース料理をご用意。美しいサンセットと高いホスピタリティーが評判で、金曜日は船上から花火鑑賞も楽しめます。当日まで即予約確定!
予約ネット予約(直前予約OK)

【4日目】ハワイ 12月26日 アラモアナセンターとホールフーズマーケット

この日はバスでショッピング。最寄りのバス停から10分ごとに出ているピンクトロリーバスですが、バスの運転手さんにオハナ・ワイキキ・イーストアウトリガーのホテルのルームキーを見せたら、運賃は無料になります。アラモアナセンターまでは、車で最短ルートをおそらく20分もかからない距離。ピンクトロリーはワイキキ界隈にある主要ホテル近辺を廻るルートなので、結局40分程度はかかりました。

しかし、リサーチが足りなさ過ぎた...広すぎて、どこに何があるのかさーーぱりわからない。通りかかったクロックスにちょっと入ってみるも、子どもたちは退屈している模様。うぅ、子どもを連れて、目的のお店を探しながらのショッピングは無理そうだと判断したので、早々に切り上げてから次の目的地、徒歩約20分の所にあるホールフーズマーケットのクイーン店へ移動。

こちらも大きなスーパーマーケットでしたが、こちらは欲しいものを事前にリサーチしていたので夫に子どもたちを任せて、お買い物に集中できました。絶対に欲しいと思っていた、オリジナルのエコバッグと、ランチバッグを手に入れられたので満足。
こちらのフードバーも、種類が豊富で美味しかったです。1ポンドあたり$9.99の量り売りですが、食べたいものが沢山あるので重さのことなんて忘れてしまいます。お店の外に飲食スペースがあるので、ここで昼食。

昼食の後は、来た道を通ってホテルに帰った。

子どもたちはまだまだエネルギーが有り余っていたので、ホテルのプールでひと泳ぎ。プールで遊んでいる夫と息子を見ながら、私と娘は暖かいジャグジーでリラックス。

今日一日、私のお買い物に付き合ってくれてありがとう。

【5日目】ハワイ 12月27日 カイルアビーチ

カイルアビーチの景色

全米ナンバーワンに輝いたことのあるビーチ!行きたいーー!!今回のハワイ旅行で絶対に外せない、訪れたい場所はここでした。

右側通行の運転が怖くて車は借りなかったので、ザ・バスで行ってきました。ホテルから出て、クヒオ通りのフードパントリーというスーパーマーケット前から8番のバスに乗ります。バスに乗り込んだら、1日乗車券($5.50)を購入しましょう。運転手さんが発券してくれます。アラモアナセンターで乗り換え。57A番のバスでカイルアタウンまで行きます。そこから70番のバスに乗ればビーチのすぐ目の前で下車できますが、本数が少ないので、私たちは57A番のバスを下車後、歩きました。
ザ・バスだと、ワイキキ地区からカイルアタウンまで所要時間約1時間。
カイルアの市街地には、ホールフーズマーケットや、ブーツアンドキモズというパンケーキ屋さんがあります。

57A番のバスをカイルアタウンで下車後、カイルアビーチまで徒歩20分。いやぁ、もっと歩いた気がする。

ハワイの消防車は黄色なんですね

ハワイの消防車は黄色なんですね

ビーチまで向かう途中、消防車が通る。ハワイの消防車は黄色なんですねぇ!サーフボードを積んでるようですが、RESCUE(レスキュー)と書いてあります。えぇーーーっ!?救助にサーフボードを使うのでしょうか!?

ハワイの景色をゆっくりと楽しめます

ハワイの景色をゆっくりと楽しめます

ゆっくり歩くと、ゆっくりと景色を楽しめますね。

歩くこと20分、カイルアビーチに到着です。
きれいなクリームソーダ色の海と、真っ白な砂浜。

ワイキキビーチでも十分美しいですが、ここはまた違った魅力があります。
静かだし、よりローカルな感じ。

ビーチに着くなり、ビール飲みたい!!と言っていたうちの男性陣。ハワイでは、レストランやパブ以外の公共の場所での飲酒は違法ですので、お気をつけて。

カイルアビーチ

カイルアビーチ

朝10時ごろはまだ、人も少なくて静かです。
水温は低すぎず、気持ちの良い冷たさ。

カイルアビーチには木陰も多い

ビーチには木陰も多いので、パラソルは要りませんでした。

カイルアビーチに砂の城

ビーチに砂の城

周囲にはレストランやカフェはないので、ランチや飲み物を用意していって正解。
この日は一日中カイルアビーチで過ごしました。

【6日目】ハワイ 12月28日 ハナウマ湾

全米ナンバーワンに輝いたことのあるビーチ!行きたいーー!!今回のハワイ旅行で絶対に外せない、訪れたい場所はここでした。

本当はこの日、釣りと海水浴が両方楽しめるビーチへ行きたかったのだけど...昨日に引き続き、ザ・バスで一日乗車券を買ってとりあえずシー・ライフ・パーク・ハワイまで向かった。

シー・ライフ・パークには入らず、周辺で釣り+泳げそうなビーチを探すも...

シー・ライフ・パーク周辺

残念ながら今にも雨が降りそう...

今にも雨が降りそうで、しかも波があまり穏やかではありませんでした。
北からの波が少し強いなら、島の南側に行けば良いのでは?ということで、早々に移動決定。ハナウマ湾へ向かう為に、ワイキキ方面行きのバスに乗り込んだ。

海岸線を通るバス。途中下車して泳ぎたいビーチが沢山見えます。

ビーチで泳いだ後の人たちがバスに乗ろうとするのですが、水着が濡れたままで、運転手さんに乗車拒否される場面を数回見かけました。

ハナウマ湾は曇っていても絶景

ハナウマ湾は曇っていても絶景

入場券を購入し、ハナウマ湾の歴史やビーチ利用の注意点、環境保護などのビデオを見てから、ビーチまで降りることができます。
釣りは禁止!!

でもこんなに綺麗なビーチで泳がないわけにはいかない。

トローリーも走ってますが、待ってる間に雨が降りそうなので、ちょっと急ぎ足でビーチまで向かう坂を下りる。
シュノーケルは持参してこなかったけど、貸出ししているお店がビーチにありました。

小一時間くらい泳いだ頃、ポツポツと雨が降り出したので、移動の準備を始めた。

本降りになる前になんとかバス停まで行かなければ、帰れなくなるので急いで坂を上る。すでにだいぶ雨が強くなってきてたので、雨宿りをしながらバスを待っていた。23番のバスは逃すと次のバスが来るまでが長いうえ、地元の人が言うには、来ないことがあるらしい。
幸い、バスは時刻表の定時よりも少し早めにやってきた。

バスに乗り込んだ瞬間、バケツをひっくり返したような豪雨になった。スコールだ。あと3秒遅かったら、全身ずぶ濡れになっていたと思う。名残惜しかったけど、早めに切り上げて本当に良かった。

小雨の降るワイキキへ帰ってきた後、シャワーで温まってホテルで一休みした後、夕食へ出掛けたが、予約をしていなかったのでどこも40分から1時間待ち。
ようやく見つけたのは、私たちが住むシドニーが本拠地である、ビルズのハワイ店。あいにく、雨のため外のテラス席は閉まっていたけれど、店内の良い雰囲気の中、ハワイ最後の夕食をいただくことができました。

【7日目】ハワイ 12月29日 最終日

あっという間に最後の日...私たち家族はシドニーへ、両親は日本へ帰国。シドニーへのフライトは、朝8時半。日本へはその一時間後だったので、一緒に空港へ向かう。ホテルを出発しなきゃいけないのが5時で、まだどこの会社もエアポートシャトルの営業時間帯ではない為、前日までにホテルの従業員がタクシーを手配してくれていた。

早朝、まだ暗い中での出発。道路も静かなので、ホテルから空港までは15分、$40もしなかった。6人で$40なら、エアポートシャトルよりもかなり安い。

チェックインを済ませてから空港内のスターバックスで、別々にチェックインした両親と落ち合った。
次はいつ会えるのかな...と考えたらちょっと涙が出たけれど、レンタルしたWIFIの返却や、はしゃぐ子どもと遊んでいたら、すぐにフライトの時間になった。

帰りの飛行機は、朝出発ということもあって、動き回る子どもとの10時間のガチンコ勝負でしたが、思っていたよりも静かにしていてくれました。

一緒に、次はどこへ行こうか?

現地オプショナルツアーレストラン予約サービス
現地オプショナルツアーレストラン予約サービス
グローバルWiFiクーポン配布中
グローバルWiFiクーポン配布中
プロドラの国内空港送迎サービス
プロドラの国内空港送迎サービス
海外空港送迎サービス
海外空港送迎サービス

注目記事

  • ポケットチェンジ
    ポケットチェンジ

    海外旅行で余っている外貨を国内で使える電子マネーやギフト券に交換できる「ポケットチェンジ」をご紹介。WeChatPayチャージにも!

海外旅行レンタル

空港送迎サービス