香港

香港旗香港
ショッピングとグルメの街として知られる香港。
1997年に中国に返還された後も、ますますその魅力の幅を広げている。
中国各地の本格料理レストランはもちろん、世界各国の質の高い料理を供するレストランが続々登場。
ショッピングにおいても、モダンチャイナをコンセプトにしたウエア類、雑貨、インテリアなどの店が注目されている。
また香港の醍醐味は、街じゅうにあふれるエネルギッシュなパワー。メインストリートから下町の路地まで、歩けば歩いただけ発見と感動があるだろう。快楽とときめきに満ちた懐の深い街である。

情報提供:地球の歩き方

気候

香港と東京の気温グラフ

香港と東京の気温グラフ

香港と東京の降水量グラフ

香港と東京の降水量グラフ

香港は亜熱帯気候に属し、夏の期間が長く、高温多湿だが、一応冬の時季もある。
観光のベストシーズンは10~12月の秋から初冬にかけて。この時期はさわやかに晴れる日が多い。

情報提供:地球の歩き方

安全とトラブル

2017年5月現在、外務省の渡航安全情報では、香港に危険情報は発出されていない。だが、香港旅行を計画する際には、最新の情報を入手し、状況を把握することをおすすめする。
また、近年、繁華街でのスリや人通りの少ない場所や郊外での強盗被害が増えているので、十分注意したい。以前からあるだましや詐欺まがいのトラブルに加えて、いかさま賭博による詐欺事件も報告されているので要注意。
また、デモや集会に遭遇しても近づかないこと。

≫ 外務省による海外安全情報はこちら

情報提供:地球の歩き方

通貨とチップ

通貨

通貨単位は香港ドル (HK$) とセント (¢)。
1HK$=100¢=約14円 (2018年3月1日現在)
紙幣は1000HK$、500HK$、100HK$、50HK$、20HK$、10HK$の6種類。硬貨は10HK$、5HK$、2HK$、1HK$、50¢、20¢、10¢の7種類がある。
発券銀行が3つあるため、紙幣のデザインが複数あることに注意したい。

チップ

香港ではイギリス文化の名残としてチップの習慣が根強い。

【タクシー】タクシーではチップは不要。

【レストラン】レストランでは合計金額の10%がサービス料として上積み請求されるので、おつりの小銭を残す程度でよい。大衆食堂やファストフード店ではチップ不要。

【ホテル】ホテルのトイレでは2~5HK$、ベルボーイや部屋係には10HK$が目安。

情報提供:地球の歩き方

通貨

電圧と電源プラグ

電圧は220Vで周波数50Hz。
プラグは現在BFタイプ (角3ピンのイギリスタイプ) に統一されているが、古いホテルなどではBタイプが残っていることもある。
日本国内用の電化製品はそのままでは使えないので、変圧器が必要。

写真)
左:プラグは大部分がBFタイプ
右:プラグは複数の形状が存在する。ホテルではこのようなアダプターを用意していることもある

情報提供:地球の歩き方

電圧と電源プラグ
正式名 中華人民共和国香港特別行政区 / Hong Kong Special Administrative Region of the People's Republic of China
言語 公用語は英語と中国語 (広東語と北京語)

情報提供:地球の歩き方