マレーシア

マレーシア国旗マレーシア
東南アジア、マレー半島とボルネオ島の一部からなるマレーシア。
極上のリゾートライフが楽しめる美しいビーチを持つ島々や、植民地時代の面影を残す港町、ジャングルに覆われた山岳地帯もあれば、リゾートとして名高い高原地帯もある。
近代建築と自然が調和した美しい首都クアラルンプール、世界遺産の街マラッカやペナン島、ビーチリゾート・ランカウイなど、人も景色も街並みも、実に様々な顔を持っている。

情報提供:地球の歩き方

気候

クアラルンプールと東京の最高気温・最低気温

クアラルンプールと東京の最高気温・最低気温

※東京のデータは「気象庁気象統計情報」、クアラルンプールのデータは「マレーシア政府観光局」より。

クアラルンプールと東京の降水量

クアラルンプールと東京の降水量

※東京のデータは「気象庁気象統計情報」、クアラルンプールのデータは「マレーシア政府観光局」より。

マレーシアは熱帯気候に属し、マレー半島東部やボルネオ島は、10~3月が雨季となる。西部では3~4月初旬、10~11月が雨季となるが、東海岸ほど雨は多くない。

情報提供:地球の歩き方

安全とトラブル

マレーシアは比較的治安のよい国だが、旅行者はスリや置き引き、いかさま賭博などに巻き込まれないように充分注意したい。
2017年9月現在、日本の外務省は、サバ州東側の島嶼部および周辺海域、また、サバ州東海岸のうちサンダカン、ラハ・ダトゥ、クナおよびセンポルナ周辺地域に「レベル3:渡航は止めてください (渡航中止勧告)」を、サバ州東海岸のうち上記以外の地域に「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」という危険情報を発出している。
都市部においてスリや置き引き、引ったくり、いかさま詐欺などのトラブルに遭う旅行者が多い。特にいかさま詐欺には十分注意しよう。
マレーシア国内には特段の旅行制限区域はないが、軍事関連施設や宗教施設の中には立ち入りを禁じている場所もある。写真を撮る場合は被写体となる施設や人物によっては問題になることもあるので、事前にひと声かけておくとトラブルを防ぐことができる。
マレーシアでは麻薬等違法薬物に対する規制も厳しく、違反した場合の法定刑は非常に重い。麻薬などの違法薬物の使用や売買に関わったり、また知り合いであっても中身のわからないものを安易に預かったり、日本その他への運搬に手を貸すなどはやめておこう。

≫ 大使館からの情報はこちら

≫ 外務省による海外安全情報はこちら

情報提供:地球の歩き方

通貨とチップ

通貨

通貨単位はマレーシア・リンギット (RM)。補助単位はマレーシア・セン (¢)。1リンギットは100セン。
RM1=約27.98円 (2018年2月5日現在)
紙幣は100、50、20、10、5、1 (RM)。硬貨は50、20、10、5 (¢)。

チップ

基本的にチップの習慣はないが、観光地では習慣となりつつある。観光地で気持ちの良いサービスを受けた場合、すんなりとチップを渡せるとスマートだ。
ポーターにはRM5くらいを目安に。ホテルやレストランで、サービスチャージ10%が料金に含まれている場合は不要。

情報提供:地球の歩き方

通貨

電圧と電源プラグ

電圧は240Vで周波数は50Hz。
コンセントは3つ穴のBFタイプが多く、日本の電化製品を使用するときは変圧器と変換プラグが必要。

情報提供:地球の歩き方

電圧と電源プラグ
正式国名 マレーシア / Malaysia
国旗 左上はイスラム教の象徴である月と星を表し、赤と白の線はマレーシアの13の州と、首都のクアラルンプールを表現している。
言語 国語はマレー語だが、英語もよく通用する。ほかに中国語、タミル語など。
大使館 日本大使館 / Embassy of Japan
住所:11, Persiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak,50450Kuala Lumpur, Malaysia
電話:(60-3)2177-2600
Fax:(60-3)2167-2314
在日マレーシア大使館 / Embassy of Malaysia in Japan
住所:〒150-0036 東京都渋谷区南平台町20-16
電話:03-3476-3840

情報提供:地球の歩き方