フィリピン|出入国カードの書き方

出入国カードとは?

海外旅行に行く際は「出入国カード」や「税関申告書」の提出が義務付けられている国があります。出入国カードとは、自分の身元を証明しスムーズに入国審査が行えるように記入するものです。カードは到着が近くなった時に機内で配布されます。フライト中に記入を済ませておきましょう。

記入項目

  • 記入する項目は、あなたの「姓名」「住所」などと、「渡航先」「滞在先住所」などの旅行先の情報です。フライト中の機内で記入するため、滞在ホテルなどの連絡先・住所はあらかじめメモを取っておきましょう。スマートフォンでスクリーンショットをとっておくのがカンタンです。
    出入国カードは、日本語表記、英語表記のカードとともに、全て「アルファベット」で記入します。

住所の記入

  • 日本と海外では住所の表記が違うため、英語表記(逆の順番)で記入します。以下の記入例を参考にしましょう。
  • <記入例>

    日本語表記 : 東京都 新宿区 歌舞伎町2丁目4-10
    英語表記 : 4-10 ,2 KABUKI-CHO,SHINJU-KU,TOKYO

職業記入欄

  • 自分の職業の英語表記がわからない場合は、事前に調べてメモをとっておくようにしましょう。

署名欄

  • サイン記入欄は必ずパスポートの署名と同じにしなければなりません。パスポートの署名が漢字であれば、サイン記入欄にも漢字で記入します。
出入国カードを記入しないとどうなるの?
出入国カード(EDカード)や税関申告書は提出を義務づけられており、提出しないと入国審査が出来ません。機内で事前に記入してスムーズに入国審査が受けられるようにしましょう。
また、配布されるのは出入国カードのみです。記入に必要なボールペンは用意しておく必要があります。ボールペンは、機内で取り出せるように手荷物に入れておきましょう。
出入国カードは日本語書いてもいいの?
出入国カードは、日本語表記・英語表記のカードとともに、全て「アルファベットの大文字」で記入します。

フィリピンの出入国カード記入例

出入国カードは説明に沿って記入していけば、初めての方でも難しくありません。
初めての海外旅行、わからないことはあらかじめチェックをして、安心して旅行を楽しみましょう。

以下、フィリピンの出入国カードの記入例です。記入の際には参考にしてください。
フライト中でネット接続できないことがありますので、以下のリンクから画像をスマートフォンやタブレットにダウンロードしておきましょう。

≫フィリピンの出入国カードの書き方(230 KB:ダウンロード用)

フィリピンの出入国カード記入例(1)

  1. 名字を記入。

  2. 名前を記入。
  3. ミドルネーム
    ある場合は記入。
  4. 自分の連絡先
    電話(携帯)番号またはEメールアドレスを記入。
  5. パスポート番号
    パスポート番号を記入。
  6. 出発国
    日本からであれば「JAPAN」と記入。
  7. 居住国
    日本に居住しているなら「JAPAN」と記入。
  8. 職業
    職業を記入。
  9. フライト番号
    航空会社名とフライト番号を記入。航空会社名は2文字の略語 (JL、NH、DLなど) で記入。
  10. 訪問目的
    どれかひとつにチェック。
    ▼訪問目的
    PLEASURE/VACATION=観光、休暇
    FRIEND/RELATIVES=友人、親戚訪問
    CONVENTION/CONFERENCE=会議、展示会
    EDUCATION/TRAINING=就学、就業訓練、資格取得
    OFFICIAL MISSION=外交
    HEALTH/MEDICAL=健康・医療
    OVERSEAS FILIPINO WORKER ※フィリピン人にのみ適用
    RETURNING RESIDENT ※フィリピン人にのみ適用
    WORK/EMPLOYMENT=就業、雇用
    BUSINESS/PROFESSIONAL=商用、ビジネス
    RELIGION/PILGRIMAGE=宗教関連
    OTHERS=そのほか
  11. 署名
    パスポートと同じ署名を記入。

情報提供:地球の歩き方

フィリピンレストラン予約サービス フィリピン海外旅行保険
グローバルWiFiクーポン配布中

海外旅行の必需品。グローバルWiFiレンタルサービス。
世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制の海外用WiFiレンタルサービス。