何度訪れても飽きない九份の魅力

台湾の大都市である台北から北東に電車とバスを使い1時間くらい行くと、有名アニメのモチーフになった街「九份」に到着します。大都市とは違う雰囲気を味わえるということで、今や台湾の観光スポットとして人気の場所にもなっています。台湾に行くなら必ず訪れてほしい「九份」の魅力をたっぷりとお届けするので、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

何度訪れても飽きない九份の魅力

台湾の大都市である台北から北東に電車とバスを使い1時間くらい行くと、有名アニメのモチーフになった街「九份」に到着します。大都市とは違う雰囲気を味わえるということで、今や台湾の観光スポットとして人気の場所にもなっています。台湾に行くなら必ず訪れてほしい「九份」の魅力をたっぷりとお届けするので、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

九份ってどんな街?

九份という名前の意味をご存知ですか?
昔は九軒の家しかなく、荷物を九個に分けて届けたというのがその名の由来と言われています。

19世紀末に造られた街の路地や石段、料理店などがそのまま当時と変わらず残っているのも九份の魅力です。日本と同じアジアなのに、日本にいたら感じられない雰囲気や神秘的な街の美しさに感動してしまうことでしょう。
美しいだけでなく台湾の美味しいグルメや、可愛い雑貨屋さんなどがあり買い物も楽しめる街でもあります。

台北に比べて大きな街ではないですが、その分楽しさが凝縮されていて1日いても飽きません。そんな九份の街のここだけは行ってほしいスポットをご紹介していきたいと思います。

九份に行ったらここだけはおさえておきたい!

有名な写真撮影スポット

九份と言えば先ほども述べたように、有名アニメのモデルになった街です。有名アニメに出てくる湯屋の街並みや、レトロでノスタルジックな雰囲気はまるで映画の世界に飛び込んできたかのような気分になります。

お昼に訪れても楽しいのですが、もっと雰囲気に浸りたいなら夕方から夜にかけて訪れるといいでしょう。夕暮れの空にお店の明かりで街が輝く様子を見下ろせるスポットがあるのですが、それがとても綺麗で心惹かれる風景になっています。

阿妹茶楼の向かい側にある「The Skyline Teahouse」というカフェから撮ると、とても綺麗に写真を撮ることが出来ます。このお店は3階建てになっていて、テラス席もあり展望が非常にいいので、九份の街並みだけでなく海も見渡せます。ゆっくりカフェで一息つきながら写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

「スーチールー」を登るとそこにも絶景スポットが

階段通り「スーチールー」は、台湾の大ヒット映画の舞台にもなった場所です。細長い階段を登っていく最中には左右にお店が軒を連ね、日本にはない独特な雰囲気を味わえます。階段を登りきるとそこには九份らしい絶好の撮影スポットに出会えます。階段から見る九份の夜景も素敵なので、いろんな角度から写真を撮ってみても面白いかと思います。

晴れていれば景色は綺麗に見えるのですが、雨が降ると濃霧で景色が見えないこともあります。ですがその景色もまた幻想的で、空中都市のような感じになります。

九份に行く際に注意したいこと

九份は山間部にあるため、天候の変化が激しく雨が多い地域です。

朝の天気予報のチェックはもちろん大事ですが、急な天気の変化に備えてカバンの中にカッパや折り畳み傘を持っておいた方がいいでしょう。ただ九份は思っている以上に急な道や階段があり、人もたくさんいてかなりごった返します。そんな状況で傘を差しながら観光するのは大変危険ですので、レインコートの方がいいと思います。

また夏でも山間部は夜になると冷えるので、半そでの上に何か羽織れるものを入れておいた方がいいです。冬場は昼間でも気温がかなり下がるので、十分に厚着をして行くことをオススメします。

美味しいグルメもたくさん揃う

台湾はグルメの街でもあるので、九份でもあれこれ食べてみたくなりついどれを食べようか迷ってしまうことでしょう。そんなあなたにオススメなお店を3つ紹介します。

阿柑姨芋圓(アーガンイーユーイェン)

台湾で絶大な人気を集めるのが「芋圓」というスイーツです。九份の人気店「アーガンイーユーイェン」ではその芋圓を食べることが出来ます。

芋圓とはタロイモの粉を団子状に練りこみ、小豆や緑豆も入っていて素朴な味がやみつきになる食べ物です。アイスとホットがあり、アイスはかき氷入りで台湾の暑い夏にぴったりで、ホットはお汁粉風になっていて日本人に馴染みのある一品になっています。芋本来の甘さも美味しいですが、もっと甘い方が好きという方は練乳をトッピングすることも可能です。

「アーガンイーユーイェン」は芋圓が美味しいと評判なのですが、それだけではなく九份の景色を一望できるよう展望スポットがあり、ここから見る夜景がとても美しいと人気の場所でもあるのです。美しい景色と一緒に、美味しい芋圓を食べるなんて贅沢ですね。

阿雲傅統切仔麺(アーユンチュアントンチェザイミェンデイエン)

ちょっと小腹が空いた時に食べてほしいのがここのお店です。

九份の入口セブンイレブンの近くにある、創業50年の人気食堂でつみれ団子のスープや麺が有名なお店でもあります。自家製の魚やエビ、イカなどのお団子のスープは人気メニューで、実際とっても美味しいです。

寒い日や雨の日なんかに食べると、温かいスープが冷え切った体を温めてくれて、日本人の口にも合う味付けになっているのでつい何回も食べたくなる一品です。

芋仔蕃薯(ユィザイファンシュー)

このお店は何と洞窟の中にあります。鉱山の中をイメージしたトンネルを抜けると、お店の看板が見えてきます。

洞窟の中でご飯が食べられるなんてとてもワクワクしますし、九份のイメージとはまた違う景色が楽しめるのでこちらもオススメです。ここのお店の名前は「さつまいも」という意味なのですが、さつまいもを使ったトンカツや、切り干し大根入りのオムレツ、パイナップルと苦瓜のチキンスープなどご飯が進むメニューばかりが揃います。どれもとても美味しいのに、値段もお手頃価格なところも嬉しいですよね。

どのお店に行っても美味しいメニューが食べられて、値段も安いのでお店をはしごしていろいろ食べてみるのもいいかと思います。

九份へのアクセス

九份へ行く手段はいろいろありますが、今回はローカル電車とバスを乗り継いで行く行き方を紹介します。電車とバスを利用すれば約250円と格安で行けます。とても簡単なのでぜひ利用してみて下さい。

まず台北駅から台鉄TRA瑞芳駅へ向かいます。特急「自強号」が一番早く、39分で到着しますが各駅停車に乗っても約50分で着きます。台湾の鉄道は飲食が可能で駅弁も売っているので、目的地に着くまでゆっくり駅弁を食べて過ごすのもいいですね。

瑞芳駅に着くとバスへ向かう出口の看板があり、それに従って進みます。出口に出ると九份行きのバス停が歩いて5分ほどのところにあります。バス停の看板もしっかり書いてあるので安心です。

九份は人気観光地なのでバス停に長蛇の列が出来ていることもあり、バスが来ても乗れなくて、何回か見送るケースがあります。時間に余裕を持ってくることをオススメします。

バスに揺られて10~15分くらいで九份に到着します。リッチに駅からタクシーを使っても行けますが、電車で行く何倍も料金を取られるので割高です。

電車とバス利用は簡単ですし、現地の人に混ざって移動するのはなかなか楽しいですよ。

九份を初めて訪れた時、同じアジアなのに全く雰囲気が違うことに大変驚きました。どこかレトロな雰囲気なのに活気溢れる街で、夜景を楽しめるこんな素敵な街は他にないと思いました。

街だけでなく人もとても温かい人ばかりで、観光客だと分かると日本語を必死に話そうとしてくれるおばあちゃんや若者がたくさんいて、それだけでもとても嬉しく思いました。

九份はとっても魅力あふれる街で、1日いても飽きません。台湾を訪れた際はぜひ、九份へと行ってみて下さい!いろんな出会いにきっと感動すること間違いなしです。

現地オプショナルツアーレストラン予約サービスネット海外旅行保険「たびとも」
現地オプショナルツアーレストラン予約サービスネット海外旅行保険「たびとも」
グローバルWiFiクーポン配布中
グローバルWiFiクーポン配布中
空港送迎サービス
空港送迎サービス

注目記事

  • ポケットチェンジ
    ポケットチェンジ

    海外旅行で余っている外貨を国内で使える電子マネーやギフト券に交換できる「ポケットチェンジ」をご紹介。WeChatPayチャージにも!

海外旅行レンタル

空港送迎サービス